夏休みの旅行先にいかが? 農水省も全力プッシュする、いま話題の「農泊」とは?

f:id:nazeta:20170806185311p:plain

都会で暮らしている子には是非土を触る経験をさせてほしいですね。あの独特の土の匂いはたまらないですよね。大きくて元気なミミズが飛び出してきたりして。

 

「農泊」という言葉を、聞いたことはありませんか? 農泊とは、農山漁村への滞在型旅行のことです。農林水産省が平成29年7月に発行した広報誌「aff」でも特集されているこの農泊とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

 

「体験する」「食べる」「泊まる」を一度に楽しめる農泊

農泊とは、ただ田舎に泊まりにいくだけではありません。農村や漁村に滞在して、野菜の収穫や牛の世話、釣りといった農作業や漁業の体験をすることまでを指します。

もちろん、仕事だけでなく、川下りや乗馬、バター作りやジャム作りといったお楽しみも! 春夏秋冬と季節によって楽しみ方が変わるのも魅力のひとつです。現在は、農林水産省の後押しのもと、農泊ができる施設が全国各地に増えつつあり、選べるバリエーションが広がっています。 

農泊でしか味わえない、新鮮な野菜や山菜に舌つづみ

農泊では、自分たちで新鮮な野菜を収穫し、その地元の郷土料理を作ることも大きな魅力の1つです。農家レストランで食事に舌づつみを打つのはもちろん、地元の人たちに調理を手伝ってもらうこともできます。ふだんは知る機会のない、生産者側の話を聞きながらお料理をするのも楽しそうですね!

また、農泊での体験をまとめることで、学校の自由研究のテーマにできそうなのも、お子様連れにはうれしいポイント。もちろん、子供だけじゃなく大人も、ただの旅行では味わえない貴重な体験がたくさんできることでしょう。もし、夏休みの旅行先がまだ決まっていないのなら、ぜひこの「農泊」を候補にしてみてはいかがでしょうか?

 (レタスクラブより)