手越祐也「イッテQ!」降板が回避できた「決め手」はベッキーだった!?

f:id:nazeta:20170806192505p:plain

最近は話題にもあまり出てきませんよね。とりあえずジャニーズの力の方が大きいような気がしますが、ちょっと以前よりは手越くんの目立ちかたが・・・・って感じはしますよね。このままッフェードアウトなんてことにならないように気をつけて欲しいですよね。誰でも交換可能な芸能界ですからね。

いまやジャニーズ事務所の最大の問題児となったNEWSの手越祐也。その手越を巡ってテレビ業界では、レギュラー出演する「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)から降板させられるとの噂でもちきりとなっている。

「手越にはもはや数えきれないほどの女性スキャンダルがあり、日曜ゴールデンタイムの番組としては彼の出演には問題があった。さらに犯罪者と交流があったことさえ明らかになり、これではさすがにシャレにならないと降板は確実視されている状況だ」(番組関係者)

 ところが当の手越はイエローカードこそ突きつけられているものの、降板というレッドカードは免れているというのである。そこにはジャニーズ事務所という大きな後ろ盾があることも大きいが、それ以上にキーマンになっているのが同番組のプロデューサーだという。

「その番組プロデューサーは局内きっての人格者として、業界内でも評価の高い人物。『イッテQ!』の持ち味であるファミリー意識の高さも、彼の人柄の反映でしょう。それゆえ彼は、不貞騒動を理由にベッキーを降板させたことを非常に後悔しており、手越については守るという意向を示しているそうです。これには悪童・手越も感激し、『番組のために命を賭ける』と誓ったとさえ言われています」(番組関係者)

 ファミリーの中には一人くらいヤンチャ者がいても不思議はない。ここは「改心」したという手越の今後の言動に注目したい。

(ニフティニュース)