大人の坊主頭は育毛にいいの?

f:id:nazeta:20170808181951p:plain

これも悩ましい問題ですよね。見た目にはいいのですが、手入れが大変そうですよね。

 

皆さんは「毛は剃ると濃くなる」という噂を聞いたことがありませんか。ヒゲや体毛をカミソリで剃ると、より太く濃い毛が生えてくると言われていますよね。ということは、髪の毛を剃れば毛が濃くなってハゲが改善されるのでしょうか。そんな訳ないですよね。その程度で毛が濃くなるのであれば、世界中から薄毛の人がいなくなっているはずです。そもそも、ヒゲや体毛をカミソリで剃ることで濃くなるというのすら都市伝説レベルで、信憑性のある話ではありません。カミソリは毛を斜めにカットするのですが、斜めに切るということは表面積が広がります。表面積が広がることで、剃った部分が濃くなったように見えるのです。それはさておき、薄毛の人で坊主にしている人って結構いますよね。坊主にしたからといって髪の毛が増えるわけでもないのに、なぜ坊主にしているのでしょうか。そこには、薄毛の方なら知っておきたい確かな理由があったのです。

坊主頭にするメリットとは

坊主頭にするメリットとして次のようなものが挙げられます。

  • 育毛剤が浸透しやすい
  • 薄毛がバレにくい
  • シャンプーなどの洗い残しがなくなる
  • 精神的に安定する

育毛剤が浸透しやすい

多くの人がご存知かもしれませんが、育毛剤というのは髪の毛ではなく頭皮に塗布しなければ効果がありません。育毛剤は、健康な髪の毛が生えてくる環境、つまり頭皮環境を整えるためにあります。どれだけ頭皮につけたつもりでいても、髪の毛が長ければ長いほど、頭皮ではなく髪の毛に吸収されてしまいます。そこで、坊主頭であれば頭皮に育毛剤をつけるのに邪魔をするものが無くなるので、髪の毛がある場合よりも育毛剤を浸透させやすくなるのです。どれだけ良質な成分の育毛剤を使用していても、頭皮に浸透しなければ効果は現れないので、育毛剤が浸透しやすいというのは坊主にする大きなメリットと言えるでしょう。

薄毛がバレにくい

薄毛で悩んでいる人は、そのコンプレックスから薄くない部分の髪の毛を伸ばす傾向にあり、そのせいで逆に薄毛が目立ってしまいがちです。そこで、坊主にすることによって、全体の毛髪量が減り、薄毛なのか坊主なのかが分かりづらくなり、薄毛が目立たなくなるのです。薄毛がバレにくくなると、外出先での薄毛によるストレスを減らすことが出来るので、薄毛 → ストレス → 薄毛という負のスパイラルから抜け出せる可能性があります。

シャンプーなどの洗い残しがなくなる

シャンプーは頭皮を洗うもの、トリートメントやリンスなどは髪の毛につけるものということをご存知でしょうか。そして、どちらも洗い残しは良くありません。頭皮にシャンプーやトリートメントなどの洗い残しがあると、それを栄養として雑菌が繁殖し、薄毛の原因となってしまいます。坊主であれば、シャンプーやトリートメントなどを洗い流すのが容易になるので、洗い残しによって薄毛が進行してしまう可能性を減らすことが出来るのです。

精神的に安定する

坊主にすることでのメリットは肉体的なことだけではありません。薄毛の方は、無意識のうちに薄毛を気にしてしまって、ストレスを感じている可能性があります。それは、抜け毛を気にしたり、薄毛がバレていないかを気にしたりなど様々な原因によるものです。坊主にすることで、それらの原因の多くから開放され、精神的安定をもたらす事ができるのです。坊主にすれば薄毛がバレる事も少なくなりますし、髪の毛が短くなることで抜け毛も気にならなくなります。さらにストレスが減ることで、薄毛が徐々に改善されていく可能性もあります。

坊主頭のデメリット

坊主頭のデメリットとして次のようなものが挙げられます。

  • 頭の形が気になる
  • キープするのが大変
  • 紫外線のダメージをモロに受ける
  • 強面に見える

頭の形が気になる

坊主にすると、露骨に頭の形が強調されることになります。頭の形が悪い場合は、どうしても坊主が似合わず格好悪く見えてしまいます。また、職業によっては、スーツなどの制服と合わない場合もあるので、坊主にする際には、その辺りをよく考えてするようにしましょう。

キープするのが大変

坊主は、髪の毛の長いヘアスタイルと比べて、楽だと思っていますよね。しかし、少し伸びてきただけでもバランスが悪くなり、格好悪く見られてしまうので、意外と大変なのです。普通の坊主であれば、自分でバリカンを使って整えることが出来ますので、こまめに整えるようにしましょう。伸びざらしの坊主は不潔に見えてしまうので、清潔感を保つためにもベストな長さをキープするようにした方がいいでしょう。

紫外線をモロに受ける

髪の毛がある状態では、髪の毛が直射日光や紫外線を遮ってくれています。しかし、坊主にすると髪の毛がほとんど無くなるので、頭皮が直射日光や紫外線をモロに浴びてしまいます。また、頭皮を守ってくれるものがないので、髪の毛が長い場合よりも、夏は暑く、冬は寒くなってしまいます。

強面に見える

坊主にも、様々な髪の毛の長さがありますが、スキンヘッドなどのように余りにも短くしてしまうと、どうしても強面に見えてしまいます。また、職業によっては制服と合わない場合があるので注意が必要です。

坊主頭は薄毛でもカッコいい

薄毛でショートヘアや坊主にしている人って、清潔感があってカッコいいと思いませんか?ジェイソン・ステイサム、渡辺謙、ジュード・ロウ、ブルース・ウィリスなど、薄毛をマイナス要素に感じさせずにむしろ魅力的に見えます。ショートヘアや坊主にすることでコンプレックスが自信に変わるかも知れないので、皆さんも自分に似合うヘアスタイルを探してみてはいかがでしょうか。

 (育毛専科ふさふさ塾より)