舘ひろしが不倫擁護?「男にとってファンタジー」発言が波紋

f:id:nazeta:20170809170854p:plain

ファイザーといえば「バイアグラ」を販売している製薬会社ですよね。そこらへんも関係ある・・・・・ないか。本来の芸能人ってこれくらいの感覚でいいのでしょうねと思うのですがね。

2018年に公開される映画『終わった人』のロケが公開され、そこで主演の舘ひろし(67)が報道陣に語った“あるコメント”が物議を醸している。

 本作は、『リング』シリーズでおなじみの中田秀夫監督(56)が、初のコメディに挑戦するという注目作。舘は黒木瞳(56)と夫婦役で出演している。その黒木が演じるのは「浮気に寛容な妻」という役どころ。黒木の役柄について聞かれた舘は、「男にとってはファンタジー」「寛容な女性はいいですね」と発言した。

 しかし、館の“ファンタジー”という発言に、世間から批判が集中。“浮気肯定”の意味で捉えた人が多かったようで、ネットには「どんなに取り繕っても浮気は浮気では?」「家庭崩壊とか事件にもつながる浮気を“ファンタジー”で片づけないでほしい」「誰かを傷つけることなんだから許しちゃいけないでしょ」「この発言はハードボイルドじゃない」など、厳しい意見が噴出した。

「不倫や浮気を擁護する発言は、最近は特に批判の的になってしまいます。明石家さんま(62)は自身のラジオ番組で、不倫疑惑が浮上した今井絵理子議員(33)を『そんなことをする子やない』と擁護して、“不倫に甘すぎる!”と批判が相次ぎました」(芸能誌ライター)

 今回の舘ひろしの“ファンタジー”発言は、「実際には、いない人」というニュアンスでも受け取れ、“浮気肯定”を意図したものではないかもしれない。ただ、今の世の中は、不倫や浮気にかなり厳しい目が向けられているということだろう。

(日刊大衆より)