夏休みのお出かけ前に! スマホのGoogleマップで「混雑」を調べる3つの方法

f:id:nazeta:20170809165630p:plain

便利ば時代になりました。スマホを使えば混雑状況もちょちょいのちょいって感じですよね。

 

2017年のお盆休みが近づいてきました。旅行先や行楽地へのお出かけでは、なるべく混雑を避けたいもの。定番アプリ「Googleマップ」で混雑・渋滞をサクッと調べられるよう、操作をマスターしておきましょう。

お盆休みの時期が近づき、2017年の夏休みもいよいよ本番! 旅行先や行楽地へのお出かけでは、なるべく混雑や渋滞を避けたいものですよね。

そこで活用したいのが「Googleマップ」。地図&ルート検索の定番アプリですが、スポットの混雑、道路の渋滞を調べることもできます。しかも、情報はリアルタイムで更新されるので、まさに「いま出かける」ときに重宝するのです。

ここでは混雑・渋滞を調べる3つの方法として、「目的地の混雑」「ルートの混雑」「周辺道路の混雑」について解説します。出発前や移動中の休憩時間にサクッと調べられるよう、操作をマスターしておきましょう。

1. 目的地の混雑を調べる

観光スポットやレジャー施設など、特定場所の混雑を調べるには、検索した目的地の詳細を表示します。通常の混雑と比較して、現在の混み具合がどの程度かをチェックできます。
【続きは下記リンクからどうぞ】

 

夏休みのお出かけ前に! スマホのGoogleマップで「混雑」を調べる3つの方法