無料セミナー「教育ICT最前線 MacやiPadを活用しよう!」9月開催

f:id:nazeta:20170809185550p:plain

これは教師じゃなくても興味があるセミナーではありませんかね。投資のきっかけとしても使えそうな気がします。

 

ooは、iPad活⽤セミナー「教育ICT最前線 MacやiPadを活⽤しよう!」を、東京・⻁ノ⾨のToo本社内で9⽉11⽇に開催する。

Appleの教育機関向けの新しいプログラムである「Apple Teacher」と「Everyone Can Code」。「AppleTeacher」は、教育現場でMacやiPadを利⽤する際に、教師がその活⽤⽅法について学べるプログラム。⼿が空いた時間にWebベースのプログラムで学習後、認定クイズに答えると「Apple Teacher」の認定バッジが取得できる。

また「Everyone Can Code」は、教育現場でのプログラミング学習の取り組みを推進する包括的なカリキュラム。iPad⽤のプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」やプログラミング教育を導⼊するための教師⽤ガイドやレッスンが提供されている。

同セミナーの第1部では、この2つの新プログラムをデモを交えながら紹介。第2部では、今話題のVRコンテンツを簡単に作成できる「InstaVR」をデモ。さらにMacやiPadを導⼊する際に、避けては通れない管理や運⽤についても紹介する。

プログラミング学習の取り組みを検討している人、新しいコンテンツを学内や教育現場に取り⼊れて活⽤したい人、効率的なApple製品の管理を検討している人におすすめのセミナーだという。

セミナーの概要

開催⽇時:9⽉11⽇(⽉)17:00~ 19:00(受付開始16:30)
開催会場:Too 本社内のThe Gallery Too [東京都港区⻁ノ⾨3-4-7 ⻁ノ⾨36森ビル3F]
セミナー内容:
第1部 Apple Teacher、Everyone Can Codeについて、プログラムの説明&デモ
第2部 教育現場で活⽤されるVR作成ツール「InstaVR」、MacとiPadを最⼤限活⽤するために必要な管理ソフトウェア「Jamf Pro」
定 員:30人
受講料:無料(事前予約制)

(ICT教育ニュースより)