山崎賢人、女子高生30人に“野菜授業” 「育ち盛りの10代は栄養を取って!」

f:id:nazeta:20170810100312p:plain

これはかなりのサプライズですよね。参加した生徒にとってはいい夏の思い出になったのではないでしょうかね。

俳優の山崎賢人が9日、都内の千代田女学園高等学校で行われた「カゴメ からだととのえる野菜授業イベント」にサプライズ登場。CMで演じている「野菜先生」として女子高生30人を対象に講義を行った。

 教師風スタイルで登場した山崎。女子高生の黄色い歓声に迎えられて「日本の若い人たちは野菜不足になりがち。この機会に、野菜がどれだけ大事かをちゃんと伝えたい」と意気込みを語り、カゴメ栄養管理士の関根理央さんと共に「野菜授業」を進行。「タンパク質から筋肉を作る時はビタミンB6が大切」「野菜は足りないカルシウムを補うのに役に立つ」などと“体づくり”についての説明を受け、「女の子は育ち盛りの10代にダイエットをしがちだけど、ちゃんと栄養を取ったほうがいい。それでなおかつ運動をする!」と力説した。 

 “学生の必須アイテム”ことお弁当の話題も。山崎は「僕が学生の時はしょうが焼きとか、ピーマンの肉詰めとかが好きでした」振り返り、「今から考えると、結構良いメニューだったんですね。お母さん、ありがとう」と感謝も。「風邪を引かない体を作るにはビタミンCが大切」というテーマでは、「風邪を引きそうな時は、僕もしょうがスープや野菜スープなどを飲んで体調を整えています」と普段からの心掛けを明かした。

 山崎と学生が共に目分量で野菜をピックアップし、野菜一日摂取目標量「350グラム」に近づけるクイズ「目方でポン!」も実施。山崎が一番近い「377グラム」という数字を打ち出した。最後には、「野菜(摂取)もコツコツ、勉強もコツコツ、遊びは派手に…。夏を楽しんでください!」と授業を締めくくった。
(ビッグローブニュースより)